WordPressのサイトを簡単に「メンテナンス中」にできるプラグイン「WP Maintenance Mode」

スポンサーリンク

はじめに

サイトのレイアウトを変える時に「メンテナンス中にしたい」と思ったことありませんか?ターマを変えたりレイアウトを変えようとすると、デザインが崩れてしまう部分なんかも出てきて格好が悪いので、変更途中の間はサイト訪問者に対して「只今メンテナンスです」といった表示をしておきたいものです。

ということでありました。そんな願いを叶えてくれるプラグイン、その名も「WP Maintenance Mode」の使い方を紹介していきたいと思います。

「WP Maintenance Mode」を追加する

まずはプラグインの新規追加画面で「WP Maintenance Mode」と検索し、「今すぐインストール」を押します。インストールした後は「有効化」しましょう。

「WP Maintenance Mode」を設定する

プラグインを有効化すると左メニューの「設定」の中に「WP Maintenance Mode」が追加されるのでそれを押します。

1.「一般」タブの設定

設定画面では「一般」「デザイン」「モジュール」の3つのタブがあります。まずは「一般」タブから解説していきます。

一般タブの各項目の説明と設定については下記を参考にしてください。

  • 状態
    有効化」にするとサイトがメンテナンスモードになります。
    メンテナンスモードを終了する場合は「無効化」して設定を保存します。
  • 管理画面にアクセス可能な権限
    メンテナンスモードを有効化している状態で、管理画面にアクセスできる権限を付与できます。何も入力しなくても管理者には元々付与されているので、ここは空欄でOKです。
  • フロントエンドにアクセス可能な権限
    メンテナンスモードを有効化している状態で、サイトにアクセスできる権限を付与できます。何も入力しなくても管理者には元々付与されているので、ここは空欄でOKです。
  • Robots Meta タグ
    メンテナスモード中のサイトを検索エンジンにインデックスさせるかの設定です。メンテナンス中なのでnoindex,nofollowにしておきます。
  • リディレクション
    メンテナンスモード中のサイトにユーザーがアクセスした際、他のURLにリダイレクトさせたい場合はここにURLを記載します。
  • 除外
    メンテナンスモードを有効化にしている状態で、メンテナンスモードから除外するページなどを設定できます。ここは元々の設定のままでOKです。
  • 通知
    「はい」にすると、メンテナンスモードを有効化している時に管理画面のダッシュボードに「メンテンナンスモード中です」のような表示がされます。
  • ダッシュボードリンク
    「いいえ」のままでOKです。

設定が完了したら「設定を保存」を押しましょう。

2.「デザイン」タブの設定

続いて「デザイン」タブを設定していきます。下記の項目を設定していきましょう。

  • タイトル(HTMLタグ)
    htmlのソースコードに挿入されるtitleタグに入れる文字を入力します。
  • 見出し
    メンテナンスモード中のサイトにアクセスした時に表示される見出しを入力します。
  • テキスト
    見出しの下に表示する文章を入力します。
  • 拝啓の種類を選択
    「カスタムカラー、アップロードされた背景画像、規定の拝啓画像」のいずれかを選択できます。
    カスタムカラーを選択すると、背景色を選ぶことができます。
    アップロードされた背景画像では好きな画像をメンテナンス中の背景にすることができます。
    規定の背景画像では「WP Maintenance Mode」に元々入っている画像から背景画像を選ぶことができます。結構オシャレなものがあります。

設定が完了したら「設定を保存」を押しましょう。

3.「モジュール」タブの設定

最後は「モジュール」タブの設定になります。これは必ずしも設定する必要はありませんので、必要に応じて設定してください。

  • カウントダウンを表示しますか?
    「はい」にするとメンテンス終了までのカウントダウンを表示することができます。ただし、カウントダウンが0になっても自動的にメンテナンスモードが終了するわけではありません。手動で無効化しないといけないので注意してください。
  • 開始日
    カウントダウンの開始日時を設定します。
  • カウントダウン(残り時間)
    カウントダウン開始日時からスタートして、どのくらいカウントダウンをするのかを日・時・分の3項目で設定できます。

ここまで設定したら「設定を保存」を押しましょう。

メンテナンスモードの確認

全ての設定が完了し保存をするとサイトが下記のようにメンテナンスモードになります。

まとめ

「WP Maintenance Mode」の使い方は以上になります。サイトのテーマを変えたりデザインの調整をする時には大変有用なプラグインです。注意しなくてはいけないのは、カウントダウンでの自動解除機能はないため、メンテナンスが終わったら手動で解除するのを忘れないようにしましょう。